豆腐・豆乳機械設備 豆腐中古機械の製造販売の株式会社間瀬

トップページ  > 会社概要

会社概要では沿革、事業内容などをご紹介します

豆腐・油揚げの製造機器プラントメーカーです。
企画から設計・製作・施行、販売までをトータルにこなす
メーカーとしてこの業界でも全国トップクラスの実績を誇っています。
日本だけでなく世界にも認められ、ロサンゼルスをはじめ、
海外にも進出しています。

商  号 株式会社 間瀬
所 在 地 〒470-0102 愛知県日進市藤島町長塚75-846
TEL.0561-74-0533(代) FAX.0561-73-8138
資 本 金 2000万円
創  業 昭和20年8月
会社設立 昭和54年9月
従 業 員 42名
取引銀行 十六銀行/名東支店、東京三菱UFJ銀行/名古屋支店、瀬戸信用金庫/日進支店、愛知銀行/赤池支店、大垣共立銀行/西山支店
事業内容 豆腐、油揚製造機器材の製造販売
役  員 代表取締役社長:間瀬 由美子、取締役:間瀬 恒平、大島 謙次、四ツ井 眞人、監査役:間瀬 貴子

東名高速道路「名古屋IC」からの
アクセス方法 GoogleMap

東名高速道路「三好IC」からの
アクセス方法 GoogleMap

名古屋瀬戸道路「長久手IC」からの
アクセス方法 GoogleMap

会社概要

昭和20年 8月 名古屋市内にて初代間瀬順平 が、間瀬鈑金工業所を創業。
航空機用ジェラルミン材にて豆腐油揚用の成型、型箱の製造に着手。併せて豆腐業界向、オープンケース・小型水槽も製造。
昭和39年 8月 名古屋市守山区森孝新田へ工場建設。
昭和51年 9月 従来の型箱等の器材から豆腐製造機械販売を開始。
昭和54年 7月 連続煮釜、「スーパースチームライン」販売開始。
昭和54年 9月 株式会社 間瀬板金製作所とする。初代社長に 間瀬恒平 就任。
昭和56年 プラント製造ライン総合設備工事開始。
昭和59年 3月 自動凝固機 「マイティーヨールIII」販売開始。(ニガリ100%、絹、木綿、油揚製造可能)
昭和60年 4月 愛知県愛知郡日進町に新工場完成。
昭和61年 1月 自動豆腐切断機「カットエース」 販売開始。
平成元年12月 資本金1000万になる。
平成元年 9月 工場土地総900坪になる。
平成2年 3月 豆腐自動切断パック挿入機 「トピア」開発、販売開始。
平成4年 3月 連続煮釜 「スーパースチームラインII 」 開発、販売開始。
平成7年 3月 新型絞り機 「絞りエース」 販売開始。
平成8年 3月 ニガリ100%用、絹凝固機「シルクホープ」開発、販売開始。
平成8年 9月 株式会社 間瀬に社名変更、資本金 2000万に増資。
平成9年 9月 豆腐製造用煮釜 「豆次郎」 開発、販売開始。
平成12年 5月 全自動化ライン 「NCライン」 開発、販売開始。
平成13年 9月 ミニプラント 「ミニスター」 開発、販売開始。
平成21年 3月 中国子会社 順恒大豆食品上海有限公司 設立
http://www.masechina.com
平成25年4月 小会社・順恒が中国で無浸漬脱皮大豆の豆乳パウダーラインを稼働させる。
平成27年5月 切りつけ油揚げ完全自動化ライン(凝固~成型~すだれぴレス)販売開始
平成28年1月 間瀬由美子が代表取締役に就任し、間瀬恒平が取締役会長に就任
小会社・順恒が台湾大手牛乳メーカーで脱皮大豆(短時間浸漬)の豆乳飲料ラインを稼働させる。
平成28年11月 取締役会長 間瀬恒平(67) 逝去

お豆腐屋さんリンク集